シンプル イズ ベスト

お客様にお買い上げ頂いた竺仙(ちくせん)の浴衣が仕立て上がってまいりました。

竺仙の浴衣は職人が一反ずつ手作業で、染料を注いで染める昔ながらの注染染めという染め方で作られています。最近は振袖のように派手なプリント染めの浴衣が主流ですが、昔ながらの本格派浴衣はやっぱり素敵です。決して派手さはありませんが、シンプルな中に上品さと小粋さを感じます。

”今風”も悪くはありませんが、”古き良き”というのも大切にしたいものです。

DSC_0504.JPG

広告